取扱商品へのこだわり

商品部 大平部長へ品揃えへのこだわりをお伺いしました

株式会社銀座、商品部部長の大平です。主な業務は取り扱う商品の選定と、仕入れ先の業者さんとの商談です。市場の動きを注視しながら、取り扱い商品の見直しや値段の設定をしています。

大平部長

Q. 取り扱う商品に対するこだわりを教えてください。
A. 当店は建設業や土木関係のお客様に多くご利用頂いています。ですので、品揃えとしては作業服、工具、手袋、雨具、白衣、安全靴、長靴などが主なものです。理想としては、お客様の仕事や暮らしが便利になることを目指しています。ご来店いただいたお客様が欲しいと思う商品を探し、取り扱うことはもちろんですが、お客様に「新しい○○を使ったら、前よりも仕事が楽になったよ」と言って貰いたいです。
Q. こだわりを実現するために大切にしていることはありますか?
A. お客様の声を大切にしています。お客様からの要望を商品にしていくことを気を付けています。店舗ごとに集めている「お客様の声」に目を通すことはもちろん、お店で直接声を聞くこともあります。お客様がどんなことに困っていて、どうすればそのお悩みが解決できるか。メーカーの方に相談し商品を提案してもらうこともありますし、当社で商品を独自に開発することもあります。
Q. これまでどういった商品を開発されたのですか?
A. 具体的には防寒の長靴やインナーを自社で商品化しました。「新潟の冬」として打ち出した商品は、お陰様で好評頂いています。機能性はもちろんですが、価格面でのお求めやすさも独自開発のきっかけになります。売れ筋の商品を中心に、お客様がお求めやすい価格にするため、商品化をすすめることも多いですね。
Q. 大平部長が目指す、今後の銀座の品揃えについて教えてください。
A. 当店は現在、建築業と土木関係のお客様に多くご利用頂いています。男性のお客様がほぼ9割です。今後は今のお客様を大切にしながら、新しいお客様に喜んで頂ける品揃えを目指していきたいです。具体的には女性のお客様にも喜んで頂ける品揃えです。女性から、年齢層も幅ひろく来てもらえる品揃えを目指したいですね。
Q. 女性のお客様に目を向けたきっかけは何ですか?
A. お客様からご要望を頂くことが増えてきたんです。かねてから銀座は「消耗品の穴場」を一つのテーマとして、シャツや靴下、肌着などをお求めやすい価格で取り扱っていました。お店にお越し頂くのはほぼ男性のお客様なんですが、旦那さんの肌着を買いに来られる女性のお客様もいらっしゃいました。そうした女性のお客様から「この作業服、私のサイズが無い」という声がチラホラと聞こえるようになったんです。考えてみると、意外と女性用のアイテム(防寒着、雨具、ズボン)って意外と少ないんですよね。そういった声を受けて、女性のお客様でも着れるSSサイズの作業服の品揃えをはじめるなど、喜んで頂けるための取組みを進めています。その他、農業関連の商品の取り扱いを厚くしていきたい。農業女子にも喜んで欲しいですね。
Q. 最後にメッセージをお願いします
A. 銀座にお越し頂いたことをきっかけに、作業服を普段着にも使いたいと思って欲しいです。作業服って格好良くキメられるアイテムだと思うんですよね。性別に関係なく、幅広く着れるじゃないですか。そういった、お客様のライフスタイルを彩る商品を、今後はより一層取り揃えていきたいです。

以上、商品部大平部長へのインタビューでした。
大平部長、ありがとうございました!

お店を探す

PAGETOP▲